WinWin阪神タイガース 猛虎優勝へのVロード

2009年09月01日

今岡誠、あの天才バッターが今年で引退。悲しい

今岡誠といえば阪神タイガースの顔であり、星野監督に気に入られその才能を発揮した天才バッターです。とんでもないボール球をホームランにしたり、難しいボールをヒットにしたり、本当に天才バッターといってもよい存在でした。

その今岡誠選手、ことしはまったくテレビでも顔をみずどうしているんだろうと思っていたし、来年くらいは年棒を大削減されてでも現役を続けるんじゃないかと思っていました。

ところがとうとう今年で今岡誠、引退だそうです。あまりの才能を数年前からけがで全くいいところを見ることなくプロ野球界を去ってしまうのは残念すぎる思いです。

けがが完治すれば天才バッターなのでまだまだできそうな感じもしますが、どうなんでしょう。34才といえば、鉄人金本選手から言わせればまだまだ子供でしょうけど、早過ぎる引退といわざるを得ません。

もうすでに引退試合の日程もある程度組まれているということで、タイガース一筋で通すことができた幸せな選手だと思いますが、今後は解説者の道、指導者の道、あれだけ活躍した選手ですから何でも出来そうですね。引退後も今岡の名解説が聴けるかもしれません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090901-00000014-ykf-spo



posted by 縦じまサラリーマン at 18:10 | Comment(22) | TrackBack(1) | ポストシーズン

2009年04月03日

真弓明信監督初勝利、阪神今季初勝利

とうとう阪神タイガース、そしてペナントレースが始動し始めました。今年は真弓明信監督始動の年。

今年のセリーグペナントレース。下馬評では東京読売ジャイアンツの戦力がピカイチで、その上WBCの日本代表監督を務め、見事に日本をWBC連覇に導いた原監督なので、その自信を胸に今度はペナントレースということで、優勝候補ナンバー1に取り上げられています。

一方の我が阪神タイガース、主砲として取ったメンチがオープン戦後半からっきしで、不安を抱えたままでの開幕。そして本日の公式戦開幕とあいなりました。

私もNHKのBSで見る予定でしたが、テレビのスイッチを入れたが8時半過ぎ。すでに9回裏で藤川球児が出ておりました。スコアは5−2で阪神リード。いい感じの場面での藤川球児の登板でしたが、なんだか藤川球児がぴりっとしない。

やはりWBCで原監督が使わなかったのは調子の悪さだったようで、ランナーを2人出すも何とかあと一人にこぎつけた阪神守護神藤川球児。
最後のバッターをアウトにしたものの、明日からの試合に一抹の不安を覚えた今日のタイガース初試合でした。

しかし、大阪ドームでの開幕、そして今シーズン初めての六甲おろし。そして金本アニキと関本のホームラン。安藤の2点に抑える力投。半年ぶりに見る阪神の試合。最後は真弓監督への勝利監督インタビュー。岡田前監督の監督インタビューよりはっきりとした口調はなかなか好印象でした。

今年の阪神タイガース、幸先のよい出だしで今年はいけるかも知れませんね。
posted by 縦じまサラリーマン at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(5) | 2009 ペナントレース

2008年12月26日

金本知憲アニキ、今年も日本人最高の5億5000万円

金本知憲外野手、金本アニキが来季の年俸も日本球界トップの年俸、5億5000万円という額でサインしました。金本アニキの日本人の最高年俸はこれで3年連続、金本知憲選手となり、まさしく日本人野球選手の顔となっていることはうれしい限りです。

金本知憲選手といえば、以前はきゃしゃな体だったのを肉体改造し、いまや毎日のハードな筋力トレーニングと、若い選手を凌駕する素振りなどの基礎的なトレーニングの絶対量で若手をまったく寄せ付けない実力を持った選手。

おまけに加えて最近では、護摩行など精神的なトレーニングも毎年欠かさず取り入れて、それだからこそ現在も続いている、金本知憲外野手の連続フルイニング出場世界記録の1330という不倒の記録を続けていることがうなずけるというもの。

来年は3年契約の最後の年ということみたいですが、金本知憲選手の場合はあまり、年齢がいま40だろうが関係ないようです。もちろん、年齢を重ねれば疲労が取れるまでに長い時間を要したり、けがも治りにくかったりといろいろと体の不具合が起きてくるわけですが、そんなこんなも金本知憲選手の不屈の精神で乗り越えていくのでしょう。

金本知憲選手の現状維持とはいえ5億5000万円の年俸と言い、藤川球児投手の4億円(いずれも推定)といい最近の阪神タイガースの選手に支払う年俸は、日本球界でも指折りの高い水準になってきたことをみていると、昔のケチな球団というイメージからなんだかイメージが変わってきたのはうれしい兆候ですね。
posted by 縦じまサラリーマン at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(2) | ポストシーズン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。